世の中には、「絶対になくてはならないもの」と「なくてもなんとかなるもの」があります。

傘立て」は間違いなく後者です。
手持ちの傘を適当にそのへんに立てかけておいたり引っかけておいたりしても、少々不便な思いはするでしょうが、日常生活に差し支えるほど困るわけではありません。

実際、世の中には「傘立て」というアイテムそのものが存在しない国もたくさんあります。

ところが日本は「降水量の多い国」。
夏前の梅雨や秋の長雨、冬の積雪など、四季を通じて傘に頼らなければならない場面が数多く出てきます。
こういった独特の気候が日本の傘文化を育て、今や日本は世界一の傘消費国であるとも言われています。

そして、日本のハイレベルな傘文化において、もっとも象徴的な存在とされているのが「傘立て」です。
確かに、
「なくてもなんとかなるもの」
ではありますが、同時に
「あったら便利」で「楽しい」ものでもあることには違いありません。

ここでは、日本の傘文化に注目しながら、傘立てをはじめとする傘にまつわるグッズについてのあれこれを紹介しています。
背景を知れば、普段何気なく使っているレイングッズにも、さらに愛着が湧いてくるかも知れません。

free space