たくさんの傘を収納するには少し無理がありますが、持っている傘が1本2本だけなら、簡単な傘立てを手作りしてしまう人もいます。

1.タオルハンガーを傘立てに
「アンブレラハンガー」という商品があるくらいですから、傘を吊るしておくだけなら、シンプルなタオルハンガーでもじゅうぶん対応できます。
玄関の壁に適当なタオルハンガーを設置するだけ。
ただし、水滴受けはありませんから、濡れた傘をかけておくと玄関の床が濡れるのは仕方ありませんが……。

2.拾った石を傘立てに
そこそこ重量のある石にドリルで穴を開け、そこに傘の先を差し込んで使っている男性がいます。
河原で友人たちとバーベキューをした時に、「なんとなく形が気に入って」拾ってきたものだそうです。
恋人ができたので、彼女が遊びに来たときのために、穴をもう一つ開けたのだとか……。

3.牛乳パックを傘立てに
空になった牛乳パックは、洗って乾かしていろんな物に代用できます。
小物入れ、お弁当箱、まな板、椅子、それに傘立て(!)
牛乳パックの有効活用を推奨している某乳製品メーカーによると、「高さがあるので、いくつかまとめてガムテープでとめれば大丈夫」だそうですが、実際には傘を差し込んだら倒れそうな気が……。

どれも材料費は0円~数百円程度ですので、試してみる価値はあるかも知れません(^^;

free space