市販の傘立てには、いろいろな素材のバリエーションがあります。
スチール、プラスチック、ステンレス、木、陶器、などなど。

和モダンな住宅にもしっくりなじむ陶器製の傘立ては、安定した人気があります。
なかには「信楽焼」や「有田焼」の高級感あふれる商品も。
ただ……重厚感があるだけに、実際、とても重いのです。
家族の人数分の傘を全部入れると、さらに重くなります。

傘立ては別に「持ち歩く」類のものではありませんから、別に重くても問題ないじゃないかと言いたいのですが……。
玄関の掃除をするときは、この重さがネックになります。
結果、傘立ての周囲だけは日々の掃除が行き届かず、常に埃が積もっているという状態に……。

この「掃除に不便」な重い傘立てを楽々移動できる裏技があります。
ホームセンターの園芸コーナーに売っている鉢植え用のキャスター台。
これを傘立てに応用するのです。
これに傘立てを乗せておくと、玄関の掃除が驚くほど楽になります。
業務用の傘立てなどでは、元からキャスターが付いているものがよく売れているそうですし、キャスター台そのものは意外と安価。

陶器製に限らず、傘立ての移動がおっくうで玄関掃除がおろそかになっている方には、おすすめの方法です。

free space